09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ルビヤンカの壁の落書き

あらゆる方面の事柄を気の赴くままに書いていこうかな、と。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

スポンサー広告  /  TB: --  /  CM: --

戦史シリーズ第3回 「中世ヨーロッパの攻城戦 その1 交渉」 

 久しぶりの更新となります。今回は意外と知られていない(かも?)中世ヨーロッパの攻城戦について記事を書いてみたいと思います。教科書レベルでは中世の戦闘は一部の例外、例えばコンスタンティノープルの包囲などを除けば殆ど野戦のみが知られるのみです。イングランドの歩兵、弓兵を組み合わせた統合戦術の結実したクレシー、ポワティエ、そしてアジャンクールの戦い。しかし、当時戦争の帰趨を決定するのはこれらの野戦よりもむしろ攻城戦による拠点攻略にこそあったのです。城というものは往々にして交通の要衝に存在するものなので、そこを支配するということはその周辺の権益を手に入れることに繋がるからです。

 意外に思われるかもしれませんが、この時代では城の守将が形勢不利と見れば相手が異教徒でもない限りは攻撃側との交渉であっさりと城を明け渡してしまうことがしばしばありました。これには当時の封建制度や価値観と関係があります。というのも、たいてい城の守将は主君の庇護を受ける存在であり、この契約関係が「主君の庇護と臣下の軍事力提供」という双務的なものであったからです。騎士道物語にしばしば描かれるような関係というのは殆どの場合幻想で、契約関係はどちらかが義務を果たさなければもう片方が破棄してしまうというのが常でした。そのため、しばしば西洋の封建制度はドライで契約的だと言われるのです。この場合は、城が包囲されても守将を一向に助けようとしない主君は、臣下を見捨てていることになるので、そのような契約相手のために命をかけて城を守るという必要はないということになります。自分の命が大事ですから。おそらくこの現象には、「臣下の臣下は臣下にあらず」という封建的無秩序も関係することがあったに違いないでしょう。また、守将が戦闘を放棄したとしても一応交戦していれば「名誉の降伏」というわけでそれなりに丁重に扱われる可能性もあったのです。

 攻撃者と防御者との間には、こういった思想から「防御者に援軍がいついつまで来ない場合は攻撃者に城を明け渡すこと」という協定が結ばれることがありました。これには先程述べた背景以外にも、攻撃者による略奪を防止するという目的がありました。この当時の攻城戦は、攻撃者が一箇所にとどまらなければならないことから、彼らの間にし尿などの処理、食料の調達に問題が生じ結果として士気の低下、疫病の流行などが起こりやすかったのです。そういった環境では攻撃側の騎士や従者たちは非常に我慢を強いられることになるので、城が陥落した暁には衝動的な略奪、暴行などが非常に起こりやすい、いや必ずと言っていいほど起こったのです。攻撃者にとっては兵士たちの生命や士気のため、防御者にとっては領地の安全と契約の問題から協定というものは両者にとって有益である場合があったのです。
スポンサーサイト

Posted on 2011/09/11 Sun. 17:03 [edit]

歴史  /  TB: 1  /  CM: 6

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
12/21 23:58 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
02/04 00:21 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
04/08 18:32 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
07/17 01:43 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
08/30 12:44 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
11/23 21:07 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://nkvdkomissar.blog100.fc2.com/tb.php/17-0db7fd41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

 | 2012/11/22 23:41

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。